防犯カメラとは

本来の防犯カメラ

色々な目的で監視、防犯を行うために設置するテレビカメラの総称です。また、広い意味ではカメラ本体に加えて写したした映像の伝送・処理および表示機能を含む監視システム全般をさしており、一般的には、防犯や、防災、計測・記録などの用途で使われます。英語ではClosed-circuit Televisionといって、これの略語「CCTV」という言葉もよく使われています。

私たちがよく見る防犯カメラは、防犯を目的としているものが多く、スーパーや銀行などの金融機関、公的機関の天井などに仕掛けられているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。スーパーなどの小売店の場合は、商品の万引きやレジでの強盗などを防ぐため、または起こってしまった場合の監視・記録を目的に設置され、金融・公的機関の場合には、銀行強盗や、窃盗犯などの監視、または、侵入者や不審者の監視・記録が主な目的となっています。また、ネットワーク機能がついたネットワークカメラなら、離れた場所からもインターネットを利用して確認をすることが可能です。

また、最近ではこのような施設の中だけではなく、市街や盛り場の道路などの野外に、大きな事件を抑制する目的で防犯カメラが取り付けられることが多くなってきています。また、防犯カメラの価格が比較的安価になってきたこともあり、個人で自宅駐車場などに盗難防止目的として防犯カメラをやネットワークカメラ設置するというケースも増えています。

施設内の防犯カメラで不審者の監視を目的とする場合は、ほとんどの場合、警備会社の警備システムと連動したシステムになっていて、この場合、無人となっている深夜に人が立ち入ると、それを察知した防犯カメラが自動的に警備会社に不審者通報を転送するというシステムになっています。

防犯カメラは世界中で使われており、2005年にイギリスで起きた地下鉄を標的とした爆弾テロにおいて犯人の検挙が迅速に行われたのも、防犯カメラの記録に負うところが大きいと言われています。しかし、この場合はテロ自体確信犯的犯罪という側面があるために、防犯カメラでは防止効果においてはあまり効果をなしません。このような確信犯的犯罪ではなくむしろ、一般犯罪に対する防止効果が期待されており、日本でも成田空港と関西空港に顔認識システム付きの防犯カメラが設置されています。また東海道・山陽新幹線で営業運転をしているN700系電車の全乗降口と運転室出入口にも、防犯カメラが設置されました。日本では鉄道車両ないに防犯カメラが設置されるのは初めてのことです。また現在、公共交通機関でも防犯を強く意識した設置が進んでいます。

 

 

様々な防犯カメラの使われ方

実は防犯カメラは防犯用以外の目的でも使用されます。工場の製造ライン監視や、原子力発電所や火力発電所などの人が立ち入れない場所で以上が起こっていないかを確認するため、普段はあまり人がいかない場所、例えばダム、河川、火山などの状況を長期間、監視・記録するために使われているのです。

また、広い視野で町の様子を記録しテレビ局や、インターネットなどでリアルタイムで公開しているライブカメラというものがあり、これも防犯カメラの一種と言うことができるでしょう。このライブカメラではインターネットのURLを公開せず、ログイン時のユーザー名とパスワードを企業や組織内、または個人や家族内に限定して使えば、インターネットを介し距離に関係なくどんなに遠くの場所でも監視ができるため、このシステムを利用して警視庁では繁華街等の防犯対策の一環として、「街頭防犯カメラシステム」を導入しています。これに伴って各地域の道府県警も繁華街、街頭、街路周辺に防犯カメラを設置しているところが増えているようです。

 

中でも警視庁の防犯カメラシステムは今のところ全国最大規模で運営されていて、特に都内の繁華街と呼ばれる地域や、人の密集する地域、駐車違反多発地域に設置されています。

 

recommend

当渋谷にある美容室は「池袋駅」から徒歩3分!

渋谷で人気の美容室

人気のエドハーディーキャップ

金・プラチナ、ブランド品、ブランド時計、金券、高価買取のリサイクルマート志度店のホームページ

高松のブランド品高価買取なら

ラミネート加工のことなら何でもお任せください!きれい、安い、早い、を実現するラミネート加工専門会社でございます

ラミネート加工を頼む

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。